メインイメージ

厚木での不動産

厚木での不動産のうち一戸建てについて

厚木市で不動産を購入しようと考えた際に、マンションにするか一戸建てにするかで迷うことがあります。それぞれメリット、デメリットがあるため、どちらが良いかはその購入する場所によっても異なりますが、隣近所の部屋での騒音などのいわゆるご近所トラブルを考えた際には、一戸建てのほうが良いという人も大勢います。

東京都心などでの一戸建てなどは庶民には手が全く届かない可能性が高くありますが、厚木市であればまだ頭金の用意ができて相応に収入があるなどの条件によってはローンで購入することが可能な地域です。また、マンションにも一戸建てにもそれぞれ特徴がありますが、まとまった資金が用意できそうであれば一戸建てを選ぶ人が多い現実があります。

マンションの場合には隣近所と嫌でもご近所づきあいをしなければならず、防音対策がなされていると言っても響く場合もあります。

一戸建ての場合にはそうした心配をあまりしなくてもよほどの大音量でない限りは防音などの対策は必要がなかったり、あるいは多少響くような場合でも窓ガラスを交換することなどでも多少はその騒音を減らすことができます。厚木での不動産の購入時にはこういった点にも十分考慮しながら検討を重ねていく必要があります。

資金面ではあまりお金をかけることができない場合にはマンションの方が全般的に安くなります。土地や建物代を含めてもマンションの方が安めにはなります。

なお、維持費としてよく考えられる税金ですが、固定資産税などはその固定資産の評価額によって変わってくるため、一概にどちらがお得なのかを考えることはできません。場所によってはマンションの方が安い場合もありますし、一戸建ての方がこうした税金が安くなる場合もあり得ます。税金面に関してはどちらがいいかの判断は一概には言えないというのが現状です。

マンションの場合には他にも引越し時に大変であるとか荷物が入らない可能性があるといった問題があります。入口はすでに限定されていますので、よくあるのは部屋に欧州風な家具を入れようとしてその家具が大きすぎて部屋に搬入ができないという問題もあります。

一戸建ての場合にはその不動産の入り口ではなくても、庭などから搬入して入れるなどの工夫ができるため、ある程度大きい家具でも搬入ができるなどのメリットがあります。

こうした点を総合的に考えながら、購入をどうするのかその購入資金は大丈夫なのかしっかりと考えて購入する必要があります。”