メインイメージ

見舞金を渡す

交通事故の慰謝料の他に見舞金を渡す理由とは

交通事故を起こしてしまった場合には、損害賠償や慰謝料の他に、見舞金を支払うのが今では常識となっています。しかし、その金額については明確な規定はなく、保険会社の規定でもその部分に対する規定は有りません。その為、ついつい忘れてしまう場合も少なくありませんが、これでは事務的な処理ばかりで相手方に対する誠意が伝わりにくいものです。相手に対する誠意を示すためには、是非支払っておきたい類のものです。

交通事故における損害賠償の金額や慰謝料の金額は、相手方に与えた損害や苦痛によりその基準が設定されています。保険会社はこの基準に従って損害賠償や慰謝料の金額を算定し、相手方に支払います。特に相手方が怪我などの症状を訴え通院した場合にはその費用を全額補償するほか、入通院慰謝料として算定された金額を支払うことになっています。また相手方が交通事故により仕事で出来ずに収入が得られなかった場合においても、その収入を補てんする意味で休業補償として一定の基準の元に金額を算定し支払います。その為、相手方に対しての一切の弁済は保険会社が算定した金額で法的には問題なく賠償されることになりますが、交通事故に遭った場合の被害者の精神的苦痛は決してそれだけでは収まることはありません。交通事故によって相手に危険な思いをさせてしまった、交通事故に遭わなければしなくてもよい通院や入院をさせてしまったという加害者の反省などを表現するために、見舞金は重要な意味を持つものです。保険会社の中には、交通事故の加害者となった場合に一定の金額を加害者に支給し、被害者への見舞金に充当するような仕組みをプランの中に組み込んでいる会社も有ります。このようなプランを選ぶことで相手方に対する見舞などの誠意を示すチャンスを失いことなく、その後の事態の収拾に於いてもよりスムーズに行うことができるので、この制度もぜひ積極的に利用したいものです。

交通事故の見舞には本人はあまり行かない方が良いともよく言われます。本人同士が直接話をすることでお互いの抑えていた気持ちがぶつかり、その後の事態の収拾に支障となる場合が多いからです。しかし、見舞金を受けとって嫌な思いをする人は交通事故の状況にもよりますがあまりいないことから、一時金の意味合いも含めて出来るだけ誠意を示して積極的に支払うようにする方が良いものです。その際には、代理人を立てて渡すことが望ましいとも言われています。”

最近の投稿