メインイメージ

慰謝料や休業補償

慰謝料や休業補償などの経済的負担と精神的苦痛を伴う交通事故

交通事故は誰がいつ遭遇してもおかしくないような車社会の昨今ですが、軽いけがや車の修理で済むくらいの事故ならよいのですが、自分が加害者になって相手に大きなけがを負わせてしまったり、ましてや相手が死亡するなどの大きな交通事故が本当に自分の身に起こってしまったら自分の相手も、また相手の家族の人生を狂わせてしまうことになります。

大きなけがでも治療をすることによって完治をすればよいのですが、仕事や生活に支障が出るほどの後遺症を残してしまう場合には、それ相当の賠償と慰謝料の支払いが必要があります。また治療で治る場合でも入院したり自宅療養で本来なら行くべき仕事を休まなければならない場合には治療費に加えて休業補償をする必要があります。

交通事故にあって自分が加害者となった場合には、被害者に必要な費用は自分が加入をしている保険から支払ってもらうことができます。しかし自賠責保険しか加入をしていない場合には補償額に限度があるので高額になる場合はそれ以上の分は自己負担になります。その額が数百万円、数千万円と多額になると今後の人生はそのお金を支払うためだけの人生にもなりかねません。

また複数人にけがを負わせてしまったらその人たちの分まで補償をする必要があるので、もっと大変になってきます。さらに自分の過失によって起こった交通事故で複数人の死亡者や後遺症を残すような大けがを負わせた場合には慰謝料も治療費も休業補償もいろいろな賠償金が何倍にも膨れ上がります。このように万が一交通事故を起こしてしまった時のことを考えて自賠責保険だけではなく任意の自動車保険に入っておくことで高額な慰謝料なども保険会社に負担してもらうこともできるので、任意の保険への加入はとても大切なことといえます。

交通事故で加害者になった場合には経済的な面だけでなく、被害者を出してしまったことに対する精神的なダメージもとても大きなものとなります。そしてそれは被害者となった人やその家族にとっても大きなダメージで今後の人生が突然くるってしまうことになるので、車を運転するときには周囲の様子に十分目を配って一瞬の油断もないようにすることが大切です。もし眠気などで気が緩みそうになったら必ずどこかで止まって休憩をすることが大切です。

また道を歩いているときも自転車に乗っているときも交通事故に遭うことはあります。加害者になっても被害者になっても人生を狂わせられる交通事故に遭わないために一人一人が周囲に目を配り譲り合う精神を持って道路を通行することが大切です。”

最近の投稿