メインイメージ

空調が良い一戸建て

厚木市の空調が良い一戸建てを考える

厚木市で一戸建ての購入や新築を考える際に、空調設備がどうなのかを考える人も当然ながら多くいます。この空調設備でよくセットで考えられるのは断熱がどうなのかです。外気からの取り込みによって寒くなったり、あるいは暑くなったりするようでは空調設備をよくしても意味がありません。

そのため、厚木での新築、中古を問わず一戸建てを考える際には、冬場に寒すぎないかどうか、夏場に暑すぎないかどうかのまずは断熱効果がどうかを考える必要があります。ハウスメーカーの担当者からもここはポイントとしてよく売り込みセールスの中でこちらが求めずとも詳細な説明をしてくれることもよくあります。

夏場にあっては外部からの断熱効果と、外部から心地よい自然の空気を取り込むことによりそれが建物内を自然に循環することで冷房などをかけなくてもある程度は涼しさを感じられるようにすることが理想的であると言われています。

冬場にあっては外部からの断熱効果により内部の温かさを外へと逃がさないような設計の一戸建てであれば、おのずと内部に熱が残ることで建物内にいる限りは効率良く最低限度の暖房によって、電気代をそれほどかけずに温かさを感じることができる建物も現に存在します。

こうした最低限度の暖房や冷房によって建物内の空調がしっかりと機能していれば、一戸建てのあちこちの部屋にエアコンなどを導入しなくても、空気の循環によって満たされることになります。

厚木でも徐々に増えている太陽光発電によって、自然エネルギーを活用できれば、電気代も節約あるいは売電収入により逆に収入が得られる可能性もあります。こうした組み合わせで環境に優しい一戸建て住宅に住むことができれば、自然や環境に優しい理想的な状況と言えます。

一戸建てでは新築物件に関しては、東日本大震災の影響もありますがこのように自然に優しいことを売りにした物件が多く発売されるようになりました。その結果、購入者側にとっては選択肢が多くあることになり、より住む側の視点でじっくりと考えて購入すればよく、ハウスメーカーのセールストークも真剣に聞きながら、どこの住宅がよりベターなのかをじっくりと考えていくことで環境にも売電発電によりお財布にも優しい、そういった住宅に住むことができます。

どのメーカーが良いのか特にこだわりがなければ、複数社を比較してみることも考えてみると、よりベターな業者に巡り合える可能性もあります。あわてて決めずにいろいろ探してみることが重要です。”