メインイメージ

打ち切り

交通事故の慰謝料の打ち切りに対する問題

交通事故の後遺症で悩んでいる人は多いと思います。目に見える外傷は治療の様子が分かるため治療の経過が分かりやすいのですが、むち打ちなどの様な外部には現れない症状については医師の診察によるものしか判断材料が無いため、なかなかその経過をはかり知ることが難しいものです。その為、一定期間治療しても症状の好転が見られない場合、治療費や慰謝料が打ち切りとなってしまうことが有ります。しかし、交通事故に遭った場合には受けた衝撃の程度により治療期間も様々で、症状の好転が見られないからと言って慰謝料が打ち切りとなってしまうのは不条理なことだと思うかもしれません。実際に症状固定とされてから別の部位で後遺症が発覚した場合、その症状が交通事故によるものだと立証するには非常に難しい問題が有ります。この問題を上手に解決するにはどうしたらよいのでしょうか。

保険会社は交通事故の被害者を保護する半面、企業としての利益を追求しなければならない立場にあるので、回復の見込みがない人に対し延々と治療費や慰謝料を支払うことは出来ないのが実態です。その為、業界では一定の基準を設けて治療費や慰謝料の支払い期限を決めています。専門用語で症状が好転しない状態を症状固定といいますが、実際には医師の診断だけではなく、治療の経過を見て判断している場合が多いのです。例えば、一定期間にわたり同じ治療や投薬を継続している場合や、通院の間隔が固定化している場合などは症状固定と見なされる可能性が高いと考えられ、治療費や慰謝料を打ち切られてしまう場合が多いものです。患者が積極的に症状を好転させる意思が無い、もしくは医師がこれ以上症状が好転する見込みがないと判断し積極的な治療を行わないと推測されることによります。従って慰謝料や治療費の打ち切りを防ぐためには出来るだけ積極的に通院し医師の診察を仰ぐことと、様々な治療を行うことが重要となります。

交通事故による後遺症は非常に苦しいもので、交通事故に遭った時点では特に症状が出なくても、時間の経過とともに様々な症状が現れることも少なくありません。また、一時期は治ったと感じても症状が再発したり、異なる部位に症状が出る可能性もあるので、交通事故に遭った場合には速やかに医師の診察を受けるとともに自己管理を徹底し、様々な可能性を出来るだけ早い時期に想定し医師の診察を受けることが重要です。さらに不安な点は積極的に医師に申告し、迅速な対応を行ってもらうことが交通事故における治療費や慰謝料の打ち切りを防ぐために重要です。”

最近の投稿