メインイメージ

支払いが遅い

交通事故の慰謝料の支払いが遅い場合

交通事故の被害に遭った場合は、加害者側の保険会社から慰謝料を支払ってもらうことになります。交通事故の被害者からして見れば、出来るだけ早く支払って欲しいと思いますが、あまり示談交渉を焦らないことも重要です。しっかりと交通事故の弁護士と連携を取りながら、進めて行くことが必要です。

交通事故の被害に遭った場合は、後日加害者側が加入している保険会社から連絡が入ります。その際に保険会社から示談交渉のことについて言及されるかもしれませんが、すぐに交渉に応じる必要はありません。まずは怪我の治療を最優先に行うことが重要です。示談交渉を開始するタイミングとしては、症状が完治した時か症状固定と判断された時に開始すれば良いです。

示談交渉はあくまでも任意での交渉ですので、双方が合意すれば交渉は成立してしまいます。一度交渉が成立してしまえば、覆すことは原則として出来ませんので慎重に交渉を行うことが必要です。怪我の治療中に示談交渉を成立させてしまった場合に、後日後遺障害が残ってしまったことが判明すれば大変です。後遺障害等級が認定されるか否かによって、慰謝料の金額は10倍ほど異なるケースもありますので、決して焦って交渉を行わないことが重要です。症状固定と判断されるケースは一般的に6ヶ月程度治療を行ったにも拘らず、完治しなかったケースが多いです。

このように交通事故の慰謝料の支払いは、事故後ある程度経ってから交渉が成立して支払われますので、支払いが遅いこと対して心配する必要はありません。弁護士に依頼している場合は、進捗状況などを教えてもらうことが大切です。逆に加害者側が示談交渉を急がせるケースがあります。早く交渉を成立させてしまった方が、保険会社にとっては支払う保険金が少なくて済む可能性がありますし、加害者にとっても示談交渉を成立していることは刑事裁判において有利な要素となるからです。しかし被害者にとっては何らメリットのあることでは有りませんので、そのような早期の示談交渉に応じる必要はありません。

交通事故の被害者としては、怪我が完治するまでと示談交渉が成立するまではずっと交通事故のことが頭から離れません。だからと言って示談交渉の煩わしに嫌気が差して、早期に交渉を成立させてしまうことは絶対にいけません。余裕を持ってこちらのペースで交渉を行うことが必要です。示談交渉の早い遅いはケースバイケースですので、弁護士にアドバイスを貰いながら慎重に行うことが大切です。”

最近の投稿